メンズノンノモデル12人がメイクにチャレンジ。「BOY DE CHANEL」で男の嗜み

PR

銀座にあるシャネルのブティックで行われた、メンズコスメライン「ボーイ ドゥ シャネル」の体験イベント。招待されたメンズノンノモデル12人は、いつもより緊張した表情でラグジュアリーな空間を訪れた。

photo

でも――帰るときには「思ってたよりメイクって簡単!」「自然なのに肌がキレイに見えて嬉しい」と全員が声を揃えることに。さて、その秘密とは? メンズノンノモデルがリアルに“セルフメイク”に挑戦した、スペシャルな1日に密着! 実はメイクって、特別構えなくてもグルーミングの延長でできるものだった!?

使うのは見た目もかっこいいコスメ

今回トライするのは、ファンデーション、アイブロウ、リップクリーム。アイテムはすべて、ネイビーのマットなテクスチャーに包まれ、モードな印象。ずらりと並んだ男前なコスメに、一同ため息。

(写真中央)ボーイ ドゥ シャネル ファンデーション 30SPF25PA++ 全4色 各¥8,000・(写真手前)同 アイブロウ ペンシル 全3色 各¥5,000・(写真右)同 リップ ボーム ¥4,800・(写真両端)パンソー フォン ドゥ タン ファンデーション ブラシ ¥4,900/シャネル

まずはメイクの方法をレクチャーしてもらう

photo

このときは三宅がモデルに。

はじめは、シャネルのメークアップ コーチの方が見本を。1人みんなの前に座り、モデルのモデルに(笑)。顔の半分だけを仕上げて、もう半分は自分で、という流れ。

photo

全員、真剣な眼差しで説明を聞いていた!

普段仕事でメイクをすることがあるとはいえ、みんな自分でやるのは初めて。ファンデーションの量、ブラシの使い方、塗るときのコツ、学校の授業のように真面目に聞いていたメンズノンノモデルたち。

photo

見よ、この眼差し! みんなのお手本となっているモデルの肌や眉が整い、みるみるかっこよくなっていくのを見て(え……すごい、いいな)と心の中で思っていたそう。

中川は、再度、アーティストに指南してもらいながら。

宮沢は器用に仕上げていて、褒められていたほど!

美容センパイこと守屋は、プロも認める腕前。

髙見は慎重派。丁寧に綺麗に仕上げていた。

人一倍楽しそうだったのが遠藤。この笑顔からも伝わるだろう(笑)。

鈴木ははじめてとは思えない慣れた手つきで文句なしの仕上がりに。

それぞれ、楽しく、試行錯誤しながら満足のいく仕上がりになっていたようだ。

この肌を見たら一目瞭然!

photo

ファンデーションはナチュラルなのに肌がキレイに見え、眉は何もしていない風なのに存在感が。そしてもちろん唇は乾燥知らず。メイクさんにやってもらったような仕上がりを自分でも作れて、大満足な若林を激写! さすがメンズノンノモデル。カメラを向けられればすぐに表情を作れます(笑)。

メイクも完成して、みんなでパシャリ

肌、眉、唇を整え、みんな揃って撮影を。ちょっとした色ムラや赤みもカバー。メイクしている感じはないのに肌の色が均一に整いキレイに見える。お互いにテクニックを褒めあったり、「お、いい感じじゃん」とじっくり肌や眉を眺めてみたり。今までよりも、メイクが身近になり、興味も高まっていた!

憧れのフレグランスを試し放題!

RELATED

KEYWORD

Instagram@mensnonnobeauty

男子のリアルな声から生まれた、メンズコスメブランド「NUDO(ヌード)」がデビュー。オールインワンクリーム、メイクアップベース、クレンジングミルクとポーチのセットが6月発売決定。#mensnonnobeauty #mensnonno #男子美容 #メンズノンノ #メンズビューティ #メンズノンノビューティ #スキンケア #保湿 #オールインワン #男子コスメ #男子メイク #NUDO

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら( https://aebs.or.jp/