K-POPアーティストのJUN、日韓の美容とソロデビューを語る

photo

photo

今回から新たにスタート。メンズノンノビューティが、各分野で活躍する美容好きの男子をピックアップする『MNB GUEST』。第1回は、この春、日本でソロデビューしたK-POPアーティストのJUNさん。昨年来日した際、「ファッションも美容も好きです!」と編集部に本人自ら突撃訪問してくれたことがきっかけで、今回のインタビューが実現。日韓を行き来する中で気がついた男性のおしゃれの違いや、ソロ活動の楽曲に込めた思いを話してくれた。

日本と韓国、
違ったスタイルを楽しむ

――昨年は編集部に来ていただき、ありがとうございました。アーティストの方がスケジュールの合間を縫って「ファッションが好きな美容男子です!」と自分でアピールしにくるというケースはなかなか珍しいのですが、それがきっかけでこの企画につながりました。

「こちらこそありがとうございます。おしゃれして行ってよかったです(笑)」

――メンズノンノの読者はファッションやカルチャーなどいろんなことに興味を持っていますが、ここ最近は美容にも関心が高いです。性別や年齢に関係なく、見た目を磨くことを自由に楽しもうという気分が盛り上がっています。

 「よく日韓を行き来しているので感じるのですが、特に男性に関しては日本と韓国では人気のスタイルが本当に違うなと思います。どちらも自分をもっとカッコよく見せるために選んで、楽しんでいるのだと思いますがその違いが面白いです」

 ――具体的にはどういったところが?

photo「僕のイメージですが、まずヘアスタイルですね。一番はボリュームだと思います。日本は韓国より落ち着いていてナチュラル。韓国はもっと強くセッティングしたり、作り込む感じです。色も華やかにすることが多いです。頭皮が痛いですけれど(笑)。日本では日本の皆さんの好みにするのが一番かなと思っているので、こちらのヘアメイクさんにお任せです。もしも今、なんでも好きな髪型にしていいよと言われたら、坂口健太郎さんみたいなスタイルにしたいです。ちょっと長くてボリュームがあって、無造作な感じ。でもスケジュールがあるので、少なくとも来年までは無理ですね(笑)」

――スキンケアについてはいかがですか。韓国は日本以上に男性にも浸透しているイメージが。

「そうですね。でも僕、実は、昔は全然やっていなかったんです。デビューしたのも若かったので、始めの1、2年は本当に何もしていなくて…。メイクさんにもよく『あなた本当に、肌の管理ちゃんとやってほしいよ』って言われていました(笑)。でもやっぱり何もしないでそのままにしていたら、大人になるにつれて調子が悪くなって。『…あ、これ以上はダメだ』ときちんとケアするようになりました。だから他の人より遅いです。メイクさんに『ありがとう、いいよ!』って喜んでもらえたので、それがいちばんよかったです(笑)。自信を持ってステージにも立てるので大事だなと思いました」

滞在場所によって変わる、
愛用のコスメ

――いつもどんなケアをしていますか?

 「今日は僕が実際に使っているアイテムを持って来ました。韓国と日本でスキンケアを分けているのですが、これは全部日本で買って、来日の時にいつも持って来る大事なセットです」

photo

――滞在する場所によってケアアイテムを変えてるんですか!

そうです。気候が違うので。韓国では“ミセモンジ”(微細粉塵)というのが飛んで空気の悪い日があるので、敏感肌用のスキンケアを使ったりしています。日本では今の季節は保湿ですね。右の2つはエクスボーテのクリームとローションです。肌がすごくうるおいます。その隣は、外に出るとき用の日焼け止めで、江原道のウォータリーUVジェルです。最後はヘア用で、パンテーン ディープリペアミルク。髪の毛の色をいつもチェンジするのでこれで守っていますが、めちゃ便利です」

メイクアップは、
練習とリサーチあるのみ。

――最近はスキンケアの延長として、ファンデーションやBBクリームで肌色を整えたり、コンシーラーでクマやニキビを隠すという男子もいます。色んなブランドから男性向けの化粧品が出たりもしていますが、JUNさんはアーティストなので、プロの方によくメイクしてもらってますよね。

「はい、でも会社から『自分でも必ずできるようになって』と言われて(笑)、練習しましたよ。妹に教えてもらったんです。たくさん質問しました。これはどんなときに使うの? 肌と色あってる? なんていうふうに。妹はかなりもどかしそうでしたね。僕を見て『お兄ちゃんはぜったいできない』って言われました。でもちょこちょこやってるうちにできるようになりました。今はばっちりです! 慣れるのが大事ですね」

――メイクにおいても、日韓の違いはありますか。

「目ですね。今日は肌の赤みを消してもらったくらいで、アイメイクはほぼしていませんが、韓国では目が強く見えるようにメイクします」

――ヘアメイクさんにおすすめのアイテムを聞いたり、妹さんにメイクを教えてもらったり、美容に関しては身のまわりにいる人から情報を得ることが多いのでしょうか。

「そうです。最初は美容なんてわからないですから。わからないなら、実際に人から話を聞くのが一番です!」

自分の個性を愛する

――さきほど、自分を磨くことでより自信が出たと言ってましたが、特に気に入っている自分のパーツはありますか。

「左目!」

――すごい、ピンポイント(笑)。

「僕、目の大きさが左右でちょっと違います。でも悪いことじゃなくて、左側から写真を撮ったら鋭くていい感じなんです。他にもコンプレックスはあるんですけど、大事にしています。髪の毛が強い直毛で、すぐカールが落ちてしまったり、もみあげが直角に立ち上がっちゃって帽子をかぶったり。それでもおさまらないときがありますからね、本当にすごいんですよ(笑)。ヘアさんはすごく大変だと思いますが、ダウンパーマをかけたり色々工夫するのを楽しんでいますね」 

いつも変化するスタイル

――ファッションもとても好きとのことでしたが、普段はどんなテイストなんですか?

「決まったスタイルはありません。その日の気分や天気に合わせて、だいたい違う格好をしています。ストリートも好きだし、メンズノンノに載っているようなクリーンできれいめな服も好きです。常にいろんなスタイルを探しています。冬はロングコートが好きでよく着ていましたが、春に向けて着たいのはピンク色のパーカですね。ジーンズと可愛いスニーカーで合わせたいです」

――日本でも買い物はしますか。

よくしますね。スタイリストさんと一緒にまわることが多いですが、大阪が特に気に入っています。古着屋も多くて面白いですし、この間は堀江でパンツを買いました。日本で空き時間に買い物ができるのは、幸せです」

ソロデビューという
はじめての挑戦

RELATED

KEYWORD

Instagram@mensnonnobeauty

今月は、バルクオムの「THE SHAMPOO」を20名様にプレゼント。スキンケアブランドの観点から開発された新感覚のシャンプー。ジメジメして皮脂汚れが気になる季節に、ぜひ使ってみて欲しい!
#mensnonnobeauty #mensnonno #男子美容 #メンズノンノ #メンズノンノビューティ #メンズビューティ #メンズヘアケア #ヘアケア #頭皮ケア #bulkhomme #バルクオム #theshampoo

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら( https://aebs.or.jp/