まだまだ続くスナップ対談②「自分らしさ」をわかっている人が髪型もおしゃれ!

メンズノンノで大活躍のヘアアーティスト3人が、おしゃれ男子のヘアスタイルを徹底分析。ストリートからわかるヘアトレンド、そして全身の「おしゃれさ」について、まだまだトークは終わらない!

ヘアスナップ総括(前編)はこちら→

NOBUKIYO

メンズノンノモデルのヘアスタイルを数多く手がける。今、一番予約の取りにくい美容師でもある。

KANADA

本誌のヘア連載「東京hairDO!!!!」も大好評のベテランアーティスト。鋭いトレンド分析も話題に。

Ryutaro

代官山の人気ヘアサロンで腕を振るう若手ホープ。本誌のヘアカタログ企画でも最新スタイルを紹介。

情報過多な時代だからこそ
自分らしさを大切にしている

photo

NOBUKIYO
(以下、N)

東名阪の差って、ありました?

photo

KANADA
(以下、K)

やっぱり〝東京っぽい〟ってあるよね。抜け感があるっていうのかな? 7とか、かなりおしゃれでしょ。

杉元 陸さん(21歳/大学生)
「いなたい風のヘア。トレンドの服。"おしゃれ"でマウントできます、彼は」(N)

N

ファッションで2色以上使わないとか。服と髪のバランスを考えている。

K

もはやずるいよね(笑)。彼は自分のキャラをすごくわかっている。やわらかい雰囲気の人だから、キリッとした男子がやらない路線を攻めてる。

photo

Ryutaro
(以下、R)

マッシュでもサイドをかなり重めに残しているし。

N

前髪もちょうどよく短い。

photo

最後にメガネでダメ押し!

N

8の子も自分のよさをわかっている。前髪がそろっていないところとか、サイドの刈り上げとかアンバランスな髪型なんだけど、鼻筋の通った顔立ちで強引に引っ張っている感じが。

千葉航大さん(21歳/学生)
「ざっくりとした髪型をここまでおしゃれに見せられる、実力の持ち主だと思う」(N)

R

細い体型とか。ホント彼じゃないと成立しないスタイル。

photo

10のレイヤースタイルなんかも、東京では人気じゃない?

藤井智基さん(23歳/アルバイト)
「自分でもカットしてみたいフォルム。こんなレイヤーボブ、次はくるんじゃない?」(K)

N

このスタイル難しいですよ。

photo

R

シルエットはレディースのショートボブっぽいですね。前上がりだけど、一度耳まわりは短くなっている。

photo

K

メンズのレイヤースタイルの進化系かな。連載の「東京hairDO!!!!」でやってみたいね。

photo

N

29は名古屋の男子なんですけど、名古屋はマイペースかな?

秋場淳太さん(23歳/販売員)
「ゆるっとしたパーマとレイヤーで脱力感のあるフォルムにしている。個性には合ってる」(N)

R

流行を追いすぎない。

K

キャラをはっきりさせない髪型が多いね。ノーカルチャー。

R

大阪男子は濃いですね~。

photo

K

111213は大阪の男子たちなんだけど、僕がストリートヘア徹底分析でチョイスしたセンターパートの子を含めて、大阪は〝手数”が多い!

松井誠治さん(20歳/パティシエ)
「彼はおしゃれ意識の高い人。ヘアとファッションを見ると、攻めてると思う」(K)

宮地拓都さん(19歳/学生)
「オレンジって、曖昧なカッコよさを出せる色。男っぽいボウズと合わせて正解」(K)

畑 正統さん(26歳/会社員)
「サングラスありきのおしゃれヘアだよね。彼の個性を引っ張ってくれている」(K)

photo

N

僕も何度か大阪にヘアスナップに行ってますが、本当にソレです。それも含めて個性なんですけど。

photo

K

僕の中で11はおしゃれボウズにカテゴライズされるんだけど、はっきりしない刈り上げでナードっぽい雰囲気を出している。12のオレンジのカラーとおしゃれボウズの組み合わせもイイ。

photo

N

オレンジのカラーリングは今年の推しです。日本人の黒い髪色に映えやすくて、肌の色にも合いますしね。カラー剤が進化して、繊細な色もちや表現力が上がった今だからこそ、おすすめしたい色です。

R

美容師的なことを言うと、オレンジは抜けた後の色も褪せすぎず、上から別の色をかぶせたいときにも調整しやすいんです。

photo

K

13のスタイルも7:3分け、刈り上げ、クラシックなスタイリング、そして色縁のサングラス。手数は多いんだけどさ、個性と合っているし、自分のものにしているし、大阪男子はパワーがあるよね。

photo

N

情報が多い時代なので、手にしたトレンドのビジュアルをそのままではなく、自分らしく落とし込んでいるのは、おしゃれ男子の共通の特徴。

R

以前、自分が学生だった頃のスナップ男子はすごくつくり込んでいて、「ファッションも作品です」という感じでしたけど、今ってもっと個性がばらけて、ナチュラルな時代だなって。みんなトレンドは入れつつも、自分だけの髪型を探しているんだなぁって、今回のスナップを見て実感しました。

photo

K

一昨年くらいまでの、マッシュヘア一辺倒な時代から、やっと進化してくれて僕はうれしいよ。

photo

N

その頃KANADAさん「メンズノンノがマッシュを流行らせたからいけないんだ!」って訴えてました(笑)。

photo

K

いやいや、よく考えると自分もヘア連載でマッシュを推してたし。自分にも責任はあるって、今は反省してるよ(笑)。でもメンズヘアがますます面白くなっているのを感じる! また3人でヘア対談しようよ。それまでお互いに研鑽しないとね。

photo

N

KANADAさんは半歩先行くアーティストとして、Ryutaroくんはストリートをよく知る美容師として。僕も新しいことを発信していきます!

Photos:Takahiro Idenoshita(repo, snap) Kanta Matsubayashi Akira Onda Teppei Hoshida(snap)
Composition & Text:Michiyo Matsui

RELATED

KEYWORD

Instagram@mensnonnobeauty

メンズノンノビューティーの今月のプレゼントは、エヌドット オムのジェルバームを20名様に。自然な質感ながらもしっかりとホールドしてくれる、スタイリングの心強い味方! 爽やかな柑橘系の香りもGOOD。詳しくはサイトをチェックして! #mensnonnobeauty #mensnonno #男子美容 #メンズノンノ #メンズノンノビューティ #メンズビューティ #メンズヘア #スタイリング #ヘアアレンジ #ジェルバーム #エヌドット #エヌドットオム

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら( https://aebs.or.jp/